ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

手首からと、腕からと - ヴィブラートの練習方法 4/5

よく言われるように、ヴィブラートには主に「手首からのヴィブラート(ハンド・ヴィブラート)」と「腕からのヴィブラート(アーム・ヴィブラート)」があります。

「手首からのヴィブラート」が正しい、いや、「腕からのヴィブラート」が正しい、といった話もよく聞きますが、どちらが正しいわけでも、どちらが間違っているわけでもありません。ただ、出る音色に若干違いがあるため、両方できるのが理想とは思います。

通常は、片方をマスターしてから、もう一方をできるようにすればよく、これからヴィブラートを始める方や、始めたばかりの方は当面やりやすい方だけで構いません。

ヴィブラートの際の手首、または、腕の動きを理解頂きたいと思います。まず、演奏時の手首および腕の動きを見てみてください。

手首のヴィブラート(再生ボタンをクリックすると動画が再生されます。音が出ます)

腕のヴィブラート(再生ボタンをクリックすると動画が再生されます。音が出ます)

動きが手首から発生しているか、腕から発生 しているかの違いがお分かりでしょうか?

この動きを理解するには、壁に向かって手を動かしてみると分かりやすいと思います。人差し指で壁をノックするように、動かします。

「手首からのヴィブラート」の場合(再生ボタンをクリックすると動画が再生されます。音は出ません)

「腕からのヴィブラート」の場合(再生ボタンをクリックすると動画が再生されます。音は出ません)

この動きが、一秒に8回(四分音符=120として4回。すなわち8Hz)で繰り返されることになります。ヴィブラートの動きを理解する手助けになれば幸いです。

参考:Simon Fisher, 1997, Basics,Peters

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム