ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

指の柔軟性 - ヴィブラートの練習方法 1/5

ヴィブラートはヴァイオリン演奏の特徴のひとつですが、習得に努力と時間を要する非常に高度な技術のひとつです。

そ れにもかかわらず、ヴィブラートは自然にかけられるようになると指導する先生すらいらっしゃるようで、システマティックな指導はあまり行われていないよう です。その結果、細かいヴィブラート(いわゆるちりめんヴィブラート)であったり、幅の広すぎるヴィブラートが身に付いてしまったりします。

ヴィブラートにはある程度システマティックな方法論があります。よく言われる、腕からかけるか手首からかけるか以前に、振幅やヴィブラートの速さにもある程度決まりがあります。

ヴィブラートのポイントは手全体(特に指)の柔軟性にあります。

まず、曲の中でヴィブラートをかけている映像を見てみてください(音が出ます)。

指の第一関節が動いて、指先が弦の上を転がっているのがわかりますでしょうか? わかりやすくするために、ゆっくりと幅広いヴィブラートをかけた映像を見てみてください(音が出ます)。

指先が固定されているのではなく、曲げ伸ばしが繰り返されていることに注目してください。いわゆる「ちりめんヴィブラート」と言われる、細かい振動になってしまう場合は、大抵の場合、指先の柔軟性が充分でないことが原因です。

ヴィブラートのまず第一のポイントは指先の柔軟性です。まずは、そのことを注意してみてください。

NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム