ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

ゆっくりからだけでなく- ヴィブラートの練習方法 5/5

多くの書籍に書いてあるように、ヴィブラートの練習を始める時には、最初はゆっくりから始めた方がよいと思います。ですが、ゆっくりの練習だけでは、どれだけ練習しても、ヴィブラートらしいヴィブラートをかけられるようにはなりません。

ヴィブラートの練習は、4分音符から始め、8分音符→8分音符の3連符→16分音符→6連符→32分音符と、速くしていくのがスタンダードな練習方法です。ですが、毎日この順序で練習する必要は無く、32分音符から始めて遅くしていく練習も有用と思います。

ヴィ ブラートをゆっくりから練習すると、ある速さで腕や手首が動きについていけなくなり、固まってしまうことも少なくないのではないでしょうか?これを解決す るには、ゆっくりの練習だけではなく、速い32分音符でのヴィブラートをかける経験を多くしておくことも有用と思います。

ゆっくりから積み上げていく練習だけではなく、完成に近い状態から練習をすることは、案外見過ごされがちですが、重要な練習と思います。両方のアプローチからの練習が高い効果を生むと思います。

まず、それらしくやってみること。これで一度に出来るようになることもあります。

ヴィブラート、また、その他の練習をする際にも参考になれば幸いです。

←BACK


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム