ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

音程を教わるということ- ヴァイオリンの先生を探すポイント4/6

ヴァイオリンにはギターのようなフレットはありませんので、音程(音の高さ)を自分で作らなければいけません。口で歌を歌うのと同じです。歌でも正確な音程で歌うことは難しいのですが、ヴァイオリンは音域が広い上に「速弾き」を多用するため、常に正確な音程で弾くのはより困難です。

チューニングメーターを使うことで、正確な音程を習得することは不可能ではないし、チューニングメーターを使用する練習もやるべき練習です。常にチューニングメーターを見ながら、ゆっくり弾いて、全ての音の音程が正確かどうかを確かめながら練習することで、ある程度、正しい音程を身につけることはできます。

ですが、ヴァイオリンの世界では病的なまでに音程の精度が要求されます。正確なだけではなく、この音は微妙に高くとか、微妙に低くなど、さまざまです。また、正確な音程で弾くためのテクニックも数多くあります。

こういったことは、常に先生にうるさく言われない限り、身につくものとは思えません。面倒ですし、習得に時間もかかるし、楽しくありません。そして、指摘する先生にとっても、おもしろいものではありません※。

楽しみで弾く分には、そこまでの精度は不要かもしれません。そこそこの音程で充分と思う方もいらっしゃるでしょう。ですが、音程の精度を高くすると、他の弦が共鳴することで響く音(リバーブがかかった音という意味で)になります。その響きを含めて「ヴァイオリンの音色」ですので音色と音程は不可分なものなのです。

音程の訓練は、楽しいものではありません。それでも、常にうるさく指摘してくれる先生が、後々感謝できる先生になると思います。

先生を選ぶ参考になれば幸いです。

※ 指導者としても、音程の指摘をするよりは、音楽的な話をした方が楽しいものです。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記