ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

求めるリターンは何ですか?- ヴァイオリンの先生を探すポイント1/6

ヴァイオリンの先生はどうやって探したらいいのでしょうか?タウンページで調べたり、インターネットの検索サイトで「ヴァイオリン レッスン」「ヴァイオリン 教室」などのキーワードで検索すれば、ヴァイオリン教室を見つけることができます。

ですが、知りたいのはレッスンをしている場所や電話番号ではなく、その先生に習うことによって上達するか、つまり、投資に見合った成果が得られるか、という点ではないでしょうか?そして、投資額(レッスン料金)がいくらなのかということも重要な点でしょう。

ヴァイオリンの先生を探すポイントをお話ししていきます。

レッスンは、自分や子供に対する投資で、リターンが無ければ意味がありません。そのため、どんなリターンを求めるのかを最初に想定しておくべきです。

望むリターンの種類にはいろいろあると思います。

  • プロの音楽家になること
  • ヴァイオリンの先生になる
  • 個人的な楽しみとして
  • オーケストラで弾けるようになりたい
  • 余暇を意味あるものにしたい
  • ある特定の曲が弾きたい
  • あこがれの楽器(ヴァイオリン)を弾けるようになりたい

など、さまざまな将来像が頭の中にあって、レッスンを受けようと考えるかと思います。

一般的に、ヴァイオリンの指導者は、自分が学んできたのと同じように指導を行うものです。そして、特に一流音大(ヴァイオリンの世界では東京芸大、桐朋)出身のヴァイオリン指導者は、プロの演奏家になるため徹底した訓練を積んでいるものです。

どんなリターンを求めるかを曖昧のまま、出身大学だけを頼りに先生を選ぶと、先生が経てきたような、あまりに厳しいレッスンについて行けなくなることも少なくないでしょう。また、優れた演奏家であっても優れた教育ができるとは限りません。

リターンを明確に。失敗しない先生選びはそこから始まります。※

※求めるリターンの種類は途中で変わっても構わないと思います。懐の深い先生なら、大抵のリターンに対応できるでしょうし、対応できなければ、先生を変えれば済むだけのことです。

NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム