ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

先生が怒りたくなるとき - 生徒さんにお願いしたいこと 1/5

先生が怒る場合があります。それはどんなことなのかをお話ししたいと思います。

指導の一環として叱るのは怒るのとは別です。わたしは最近は滅多に叱りませんが、子供も教えていた時はよく叱ったものです。子供の場合は叱ることで上達することもあるためです。上達のために叱るわけで、怒っているわけではありません。

練習して来ないのに対して怒ることはありません。生徒がうまく弾けないことに対して怒ることもありません。それぞれに事情があるし要領の良し悪しもあります。忙しい時間の隙間をぬって練習できるよう、あるいはうまく要領をつかめるよう、指導していくことになります。

ですが、「学ぶ気が感じられない」ことには怒りたくなります。言うことを無視するのは論外、ネットや本で仕入れた話を披露して話を聞く気の無い人なども腹が立ちます※。そう言う方は、表現や高度な技術を期待しているのかもしれませんし、姿勢や持ち方など極めてベーシックな話をされると気分を害するのかもしれません。それであれこれ言いたくなるのかもしれません。

ですが、多くの方は表現以前に音色に問題があります。音色の問題は弓の動かし方や姿勢、持ち方、すなわち一番基本的な技術に根本原因があります。そしてそう言った一番基本的な技術はどんなネットや書籍の情報も充分ではありません。基礎技術から指導するのは、生徒のレベルを認めていないためではなく、うまく弾けていない原因が基礎技術にあるためです。

学ぶ、習うというのは、自分で気づかない問題を指摘してもらうためのものです。先生が無知に見えるかもしれませんが、そう思って「聞かない」のはレッスン料を捨てているのと同じ事です。まずは意見のひとつとして聞いて、数ヶ月はそのアイディアを試してみて頂きたい。聞いて試した上での取捨選択が、先生から多くのことを学ぶ秘訣です。

※少なくともわたしは、ネットや本に書いてある程度の主要なものは把握しているし、それらを名器・名弓を使って正誤を確認してあります。かなりの確率で正しいと言えることをお話ししている自信はあります。

NEXT →


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム