ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

入会金・退会金 - レッスンとお金 5/7

ヴァイオリンの個人指導では入会金が存在しない場合も多々あります。一方、大手楽器店運営の音楽教室の場合は、入会金あるいは退会金といったお金が必要になることがしばしばあるようです。

企業や指導者にはいろんな考え方がありますので、入会金や退会金の正当性を議論しようとするつもりはありません。入会金・退会金は、携帯電話などで見られるように同業他社に乗り換えさせないための「縛り」のお金であって、それ自体は問題視するべきものでもないと思います。

ですが、携帯電話などでも、「契約事務手数料」などに何となく納得いかないと感じることはないでしょうか?実際の仕事に対して払うお金ではなく、名目に付いたお金は支払う側としては好ましく思えないものです。

ヴァイオリンの個人指導の場合、生徒が増えたり減ったりすることで、指導者側に仕事は発生しません。入会金、退会金いずれも、行った仕事に対するお金ではなく、他の教室に行かせないための「縛り」です。すなわち、名目に付いているお金です。

わたし自身は、こういったお金を受け取ることが気持ち悪いと思うため、取り入れてはいませんが、先生によっては必要になる場合もあります。

指導者と生徒の関係は、長いつきあいに及ぶことが少なくありません。せっかくの信頼関係をお金のトラブルで失うことのないようにしたいものです。金銭的に透明な指導者であることは、長いおつきあいの上でも大事なことと思いますが、いかがでしょうか?

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム