ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

継いだ木材:修理の痕跡

ヴァイオリンは使ったり、修理を繰り返す内に少しずつ減ってしまいます。運弓を誤ってCバウツやエッジを傷つけたり、欠けさせたりするし、表板を開ける時には接着面の木材が剥がれることもあります。

少しずつ薄くなってしまい、あまりにも薄くなってしまった場合には、木材を継ぎ足します。

板の間に筋が見えるのは分かりますでしょうか?板が薄くなりすぎた部分を張り合わせて継ぎ足すわけです。継ぎ足す修理をハーフエッジと言いますが、その痕跡がこのように筋に見えます。

この楽器は、Cバウツの木材の継ぎ足しは行ってはいませんが、Cバウツに弓が当たって傷ついています。また、エッジも欠けています。この程度なら大したことはありませんが、破損がパフリングまでおよんだ場合は、欠けた部分を作り直し、継ぎ足します。

古い楽器は少なからず、Cバウツのすり減りやすい部分やエッジの先だけ木目が違っていることがあります。これが継ぎ足した痕跡です。

これらの修理が価値や値段に影響するかは、よく分かりません。影響は少ないようですが、修理は少ないほどコンディションが良いとされるため、無いに超したことはないと思います。

ですが、価値や値段の問題はさておき、Cバウツやエッジの傷は、オーナーの演奏技術が拙い場合に付く傷です。正しい運弓なら通常は傷は付かないはずで、傷だらけのヴァイオリンはオーナーの扱いが適切ではないと言えます。

ヴァイオリンは将来に託すべき文化遺産でもあります。ヴァイオリンの過去・未来を考えながら、木材を付け足した痕跡を眺めてみてはいかがでしょうか?

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム