ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

指を押さえる強さ:ヴィブラート改善のポイント4

きれいなヴィブラートをかけるためには指の柔軟性が必要となります。指が柔らかく伸縮することで整ったヴィブラートをかけることができます。

ところが、多くの指導では左指をしっかり押さえなさいとよく言われます。この意味を勘違いしてしまうとヴィブラートをかけることは大変に難しいことになります。

左指の加減は基本的には指を「落とす」だけです。「押さえるべき箇所の上に持って行って落とす」というチェリストのフォイアマンの表現が適切とわたしは考えています。

動画をご覧下さい。1回目がゆるく押さえている場合。2回目はしっかり押さえすぎている場合です(ただし、こういう音の方が望ましい場合もあります)。

指板が削れるほどしっかり押さえる必要はないし、パシパシと音が出る必要もありません。叩きつけるのではなくタッチすると考えた方が、ヴィブラートを始め多くの技術が良い方向に向かいます。

ヴィブラートをかけるときには、その「落とした」指で、例えばクリームのようなものを塗りつける感覚になります。

ヴィブラートがスムーズにできない場合は、押さえすぎていないかを確認してみていただきたいと思います。適切な加減は「え?こんなに軽いの?」と多くの場合思われると思います。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム