ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

親指の位置:ヴィブラート改善のポイント3

ヴィブラートが細かくなり過ぎになってしまうケースとして、親指の位置が適切でない場合があります。演奏者自身から見て親指が手前(スクロールの反対側)にある場合、ヴィブラートをかけることは困難になります。

親指がスクロール側にある場合

親指が手前にある場合(望ましくない)

ヴィブラートをスムーズにかけるためには、親指の付け根が柔軟である必要があります。親指の付け根が柔軟だからこそ親指がネックに付いたままで、他の指を動かすことが出来ます。

親指が手前に来てしまうと、その分親指の付け根は伸びてしまい、それ以上動かす余裕がなくなってしまいます。親指の位置が手前にある場合、ヴィブラートが細かくなってしまうのは、親指の付け根の動きに制限が出てしまうためと考えられます。

親指の適切な位置は原則的には人差し指の向かいか、よりスクロール側となります。別の言い方をするのであれば、どこの筋肉も張っていない状態になります。一番緩んだ手の形で弦を押さえると親指の一は、比較的スクロール側になるはずです。

ヴィブラートが細かくなってしまう場合は、親指の位置、すなわち、手全体が緩んでいるかを確認してみて頂きたいと思います。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム