ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

手首の形:ヴィブラート改善のポイント2

一見関係ないようですが、左手の形はヴィブラートに大いに影響します。筋肉に無理のかかった状態できれいなヴィブラートをかけるのは困難です。逆に、最も筋肉に負担がかかっていない状態、すなわち「正しい形」が、きれいなヴィブラートをかけるひとつのポイントになります※。

しばしば見られるのが手首が出過ぎているケースです。手首が出てしまうと、ヴィブラートは細かくなりすぎるし、動きもギクシャクしてしまいます。

動画をご覧下さい。1回目が適切な手首でほぼまっすぐです。2回目は手首が出過ぎた状態です。

ヴィブラートがスムーズにできない場合は、手首が曲がっていないかチェックしてみて頂きたいと思います。手首が曲がる根本的な原因は指の押さえ方にあるのですが、まずは「手首をまっすぐに」と意識をするだけでもきれいなヴィブラートになる場合があります。

※ヴィブラートがきれいかきれいでないかは、ヴィブラートの波形で決まると言っても過言ではありません。まずはサインカーブのような、角のない、均一の波形にという意識でやると、それだけでかなり良い音になります。力を抜く意味はきれいな波形を作るためにあります。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム