ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

チューニングの手順 チューニング(調弦)のやり方1/4

ギターと同じくヴァイオリンは弾く前にチューニング(調弦)をする必要があります。

フォークギターやエレキギターの弦は、芯まで金属で出来ていますが、ヴァイオリンの弦のうち下3本(第2弦:A線、第3弦:D線、第4弦:G線)は、天然繊維(ガット)や化学繊維(ナイロン、ペルロンなど)の芯に金属を巻いてあるものを通常使用します※1。

クラシックギターをご存じの方ならお分かりかと思いますが、芯まで金属で出来ているスチール弦に比べ、ナイロン弦は簡単に音程が変わってしまいます。その点で、スチール弦を使用したピアノやフォークギター、エレキギターと異なり※2、ヴァイオリンは弦の音程のずれが生じやすく、チューニングをより頻繁に行う必要があります。

ヴァイオリンのチューニングは、第1弦:E(ミ)、第2弦:A(ラ)、第3弦:D(レ)、第4弦:G(ソ)に合わせます。チューニングの手順は次の通りです。

  1. ギターと同じく、A(ラ)を基準に合わせるため、まず、第2弦A(ラ)を
  2. 第2弦A(ラ)を基準に第3弦D(レ)
  3. 第3弦D(レ)を基準に第4弦G(ソ)
  4. 第2弦A(ラ)を基準に第1弦E(ミ)

ヴァイオリンはピアノより少し高めにチューニングすることが多く、基準の音のA(ラ)を442Hzにするのがスタンダードです。音叉を購入したり、チューニングメータのキャリブレーションを設定するときには、442Hzにするのが普通です。

NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム