ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

動画で見るチューニング作業 チューニング(調弦)のやり方3/4

ここでは一般的に行われている方法をご紹介します。合奏するようになったり、習うようになったりすると必要になるためです。ヴァイオリンの世界は遅れていると思われるかもしれませんが、伝統芸能と思っておつきあい下さい。

チューニングの手順を文章で書くのはなかなか困難なことです。そこで、動画でチューニングの様子をご覧いただくことにしました。(画像をクリックすると動画が再生されます。音が出ます)。

チューニングメーターの発信音に合わせる方法をご紹介しています。

  1. チューニングメーターでAを鳴らし、チューニングメーターの発信音にヴァイオリンのAを合わせます。チューニングが合ったときは、発信音と自分の音が溶け合って、吸い込まれるような感じがあります※。
  2. Aが合ったら、チューニングメーターを止めます。
  3. この後は、和音で弾き自分の耳で合わせます。
  4. AとDを合わせます。
  5. DとGを合わせます。
  6. 通常はここでAとEを合わせることになるのですが、ひとつの弦を合わせると、別の弦が狂うことがありますので、合わせた弦が狂っていないか再確認しておくとよいでしょう。
  7. AとEを合わせます。Eを合わせるときは通常アジャスター(テールピースについているネジ)を使用して調整します。
  8. 他の弦が狂っていないか確認し、狂っていたら再度チューニングしなおします。

ヴァイオリンは5度という音の幅で合わせますが、この音を覚えるのは訓練が必要です。まずは、ピアノで音を取ったり、チューニングメーターで合わせて、その和音の響きを耳で覚えるのが近道と思います。合ったときの響きは「うなりが生じないように」というのが、キーになります。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記