ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

チューニングメーターで合わせる チューニング(調弦)のやり方2/4

チューニングは数多くのハードルがあります。音を覚えること、和音が弾けること、弾きながらペグが回せることなどです。これらは、ある程度弾けることが前提で、これから始める方、始めたばかりの方には高いハードルと思います。

普通はチューニング自体ではなく、音楽を弾くことが目的です。チューニングでつまずいているよりも、どんどん音楽を弾いた方が良いとわたしは思います。否定的な意見もありますが、最初はチューニングメーターを使用し、弦をはじきながら一本ずつ合わせる、ので構わないと思います。

チューニングメーターを使用したチューニング手順は下記の通りです。

  1. A線(2番線)をはじき、ペグを調整して、メーターの針が中央を指すようにする。
  2. D線(3番線)をはじき、ペグを調整して、メーターの針が中央を指すようにする。
  3. G線(4番線)をはじき、ペグを調整して、メーターの針が中央を指すようにする。
  4. E線(1番線)をはじき、アジャスターを調整して、メーターの針が中央を指すようにする。

 

ポイントは、正確にメーターの針が中央を指すようにすることにあります。大体ではチューニングしたことにはなりません。ただ、弦をはじく方法だと音が短く、また、音程も定まりにくいため、多少慣れたら、弓を使って合わせるべきです。

弓を使って合わせるときも同様の手順で行います。強くなったり弱くなったりするとその都度音程が変わるため、中程度の音量で一定に弾きます。

  1. A線(2番線)を弾き、ペグを調整して、メーターの針が中央を指すようにする。
  2. D線(3番線)を弾き、ペグを調整して、メーターの針が中央を指すようにする。
  3. G線(4番線)を弾き、ペグを調整して、メーターの針が中央を指すようにする。
  4. E線(1番線)を弾き、アジャスターを調整して、メーターの針が中央を指すようにする。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム