ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

毛の松脂は落とす必要ない 松脂の塗り方と松脂の知識

弓に松脂を塗った後に、弓を振ったり叩いたりして松脂を落とそうとする方を見かけます。これはほとんど無意味ですし、弓を壊す原因になるのでやめた方がよいと思います。

私自身も弓の毛を指ではじくことで、松脂を落としていたことがあります。そうすると、音が良くなる気がしたものです。ですが、それは弾き始めたときだけで、すぐに「普通の音」になってしまいます。結局、松脂を落とす効果は気分の問題で、実質的には無意味と思います。

また、松脂を塗りすぎると少々つまった感じの音になりますが、それを少しだけ我慢すれば特に問題は生じないようです。

弓を振ってもほとんど松脂は落ちませんし、ずいぶん危ない大胆な振り方をしている方もいます。机などで叩くと落ちますが、弓は傷だらけになり、その上、スティックにヒビが入ったりします。こういう使い方をした弓はいずれ折れてしまうでしょう。

また、弓が壊れるだけならまだしも、振り回しているときに他人に怪我をさせたりしたら大変です。

ヴァイオリンの世界では残念ながら論理的な情報が少なく、行為だけが伝わることが少なくありません。「自分の先生がやっていたから」、「お友達がやっているから」ではなく、自分のやっていることの意味を今一度考え直してみてはいかがでしょうか。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム