ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

弓のスティックの松脂は落とす 松脂の塗り方と松脂の知識

ヴァイオリンを弾いた後で、弓の毛を布でこすっている方を見かけることがあります。演奏後に、弓のスティック(木の棒のこと)についた松脂の粉を布で拭き取っているのを見て、弓の「毛」の松脂を拭き取っていると考えるのかもしれません。

演奏した後に弓の「毛」の松脂を落とす必要はありません。また、布で拭いた程度で落ちるものでもありません。一方、「スティック」に付着した松脂は落としたほうがよいといえます。

演奏すると弓の毛から松脂が飛んで、スティックに付着します。この、スティックについた松脂は、演奏した後は布で拭き取っておく方がよいとされています。最初は松脂で真っ白になりますが、次第に黒ずんでくるため見た目には美しくないし、松脂には粘性があるためホコリも呼びやすいようです。

ですが、そんなに神経質になる必要はないと思います。特に松脂の粉が弓を傷めるわけでもないようです。演奏して、ヴァイオリンをケースにしまう時に、柔らかい綿のハンカチなどで1,2度軽く拭き取っておけば充分と思います。

←BACK


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム