ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

音の大きい「ピアノ」:「フォルテ」は軽く、音の大きい「ピアノ」2/2

音楽用語のピアノについてです。ピアノは「やわらかく」「弱く」とされていて、音量を抑えて弾くこととなっています。

しかし、ピアノと言えば、たるんだゴムを小指ではじくような音で弾くことと考えている方が少なくないようです。

フォルテは60dBAで、ピアノは45dBAでというものではありません。残念ながら、フォルテと言えば「大きく」、ピアノと言えば「小さく」、あるいは、フォルテといえば「弓を大きく使って」、ピアノと言えば「弓を小さく使って」といった短絡的な発想がまかり通っているようです。

ピアノは「"小さく"ではなく"静かに"と考えるべき」と教わったことがあります。また、ピアノで弾くときは緊張感を持って、力を集中して弾くものだと教わったこともあります。

例えば、ブラームスのヴァイオリンソナタ1番の頭はピアノの指定があります。単に「やわらかく」「弱く」「小さく」では、音楽にならないと思います。これをどんな音で弾きますか?ここからどんな物語を始めますか?

コンチェルトのように音量のあるピアノだってあるし、硬質な音を必要とするピアノだってあります。いったん立ち止まって、どんなピアノで弾くかを考える時間を持ってみてはいかがでしょうか?

←BACK


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム