ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

フォルテは軽く弾く:「フォルテ」は軽く、音の大きい「ピアノ」1/2

フォルテというと、弓を弦に強くこすりつけて、ただうるさく弾くように思っていませんか?それは違います。力を抜いた方が、フォルテになるのです。

確かに、音楽用語で言うフォルテは「強く」「大きく」という意味になっていますが、絞り出すように怒鳴って叫ぶのとは違います。フォルテは「強く」というよりも、「空間的、心理的に大きく」という意味の方が近いと思います。

フォルテで弾く際に、弓で弦を強くこすりつけるのではなく、反対に、圧力を減らして軽く弾く方が、美しく、大きく、響く音が出ます。弓を駒に近づけて、弓の圧力は最小限に、弓の速さは速すぎず。

歌を歌うときに、のどに力を入れて怒鳴るとむしろ声は届かないものです。しっかりおなかから声を出すと力を入れないでも、大きな通る声が出ますね。フォルテの弾き方は歌と共通しています。

「フォルテは軽く弾く」を実践してみると、豊かな音が出ますよ。ぜひ、お試しください。

NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム