ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

姿勢・立ち方の必須条件 - 姿勢と楽器の持ち方3/8

姿勢は、次の点を満たす必要があると言えます。
・上半身の動きを支えられること
・ ショーとして見栄えがすること

姿勢に関しても原理・原則よりもスタイルを重視される傾向があるようですが、どの流儀でも筋が通る面があるし、どの流儀でなければならないというものでもありません。

上半身の動きを支える

ヴァイオリンを弾く時には上半身はかなり大きな動きをします。特に右手は手の長さいっぱいに伸ばしたり縮めたりするため、この動きを支えられる姿勢である必要があります。つまり、上半身がどれだけ動いても、安定して立っていられる姿勢が正しい姿勢となります。

また、動きを支える必要と同時に姿勢は音色にも影響します。弦と楽器を充分に振動させつつ、その振動をできるだけ阻害しないことが良い音で弾くポイントになります。そのためには、エネルギーの損失ができるだけ少ない姿勢である方が望ましいと言えます。

ショーとしての見栄え

案外忘れがちですが、ヴァイオリン演奏はショーです。五木ひろしショーなどのショーです。燕尾服やドレスを着る理由と同じで、観客にとって美しい格好であることが求められます。立ち方、所作も含めて、美しい(別の言い方をするなら、見せ物としてふさわしい)立ち方・歩き方・弾き方が必要です※1。

背筋を伸ばすとか、足を広げるというのは、機能面と外観面の両面があります。足は広げすぎず、閉じすぎず、安定するように。背筋は曲げすぎず、反らせすぎず。電車の中でつり革を持たないでも立っていられるような姿勢が、安定する姿勢のはずです※2。安定の上で、美しく見えるように。そのことを普段から意識しておくと、正しい姿勢で弾けるようになるはずです。

正しい姿勢で弾く参考になれば幸いです。

※1 最近はずいぶん自由になっているようですが、ステージではみっともない格好をするもんじゃないです。昔はうるさく言われたものですが。

※2 膝を曲げた方が安定するように思えますが、電車に乗ると分かるように後ろへ倒れる力に対して脆弱です。また美しくありませんね。わたしは頭の中心から両足の土踏まずの中心までがほぼ直線上になるのが理想と思っています。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム