ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

左手の押さえ加減:和音を一発で当て美しく響かせる2

和音で苦労するのは音程を合わせることかと思います。和音の場合音程がずれていると、著しく不愉快な響きを発することになってしまいます。

もちろん、音階練習など地道な練習と音取りをする必要はあります。それは大前提です。ですが、左手の押さえ方に問題がある場合が多々あり、押さえ方を意識することで音程を取りやすくなる場合があります。

左手の押さえ加減は多くの場合、強く押さえすぎです。単音の時も同様ですが、手のひらを柔らかくしてふわりと弦の上に乗せるように押さえると、比較的音程を合わせやすくなる場合があります。

もちろん、緩ければ良いわけではなく、強すぎず弱すぎずの加減ではあります。ですが、指の間隔を測ることができなくなってしまうほど、すなわち、コントロールが効かなくなるほど強く押さえるべきではないと考えます。

和音の音程にお悩みの場合は、お試し頂ければ幸いです。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム