ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

長峯五幸 魔性の楽器ヴァイオリン万華鏡PART2 呪われたヴァイオリン

基礎情報

著者・編者
題名
出版社
価格
ISBN

長峯五幸
魔性の楽器ヴァイオリン万華鏡PART2 呪われたヴァイオリン
インターワーク出版
1,800円
4901161776

 

ご購入はこちらからどうぞ
長峯五幸 魔性の楽器ヴァイオリン万華鏡PART2

表紙写真

長峯五幸 魔性の楽器ヴァイオリン万華鏡PART2 呪われたヴァイオリン

目次

第一部 実録篇

  1. ボローニャ フェッラーラ パルマ 音楽紀行
    • BOLOGNA 学芸・商業の町
    • FERRARA 有名観光地ではないが魅力的なルネッサンスの古都
    • ギネスブックにも出ている世界最古の居酒屋
    • 弦楽器職人はレオナルド・ダ・ヴィンチのように多芸多才
    • PARMA パルマの生ハム・パルメザンチーズ
    • 本場のパルメザンチーズ
  2. クレモナのヴァイオリン・楽弓職人
    • マエストロ・リウタイオ マッシモ・ネグローニ
    • 一刀入魂の気合い ソボロ哲也
    • 十年に一人の逸材 ボルハ・ベルナベウ
      経歴
      ストラディヴァリのマンドリンを復元
      ボルハ・ベルナベウの作風
    • 隠れた超一流名工 ダヴィーデ・ソラ
    • 研究熱心な弓作り職人 エミリオ・ズラビエロ
  3. 驚異のグァルネリ・デル・ジェズ型ヴァイオリン=A・E・スミス製作のヴァイオリンについて=
    • アメリカのヴァイオリニスト、デニス・ブラウンのA・E・スミスヴァイオリン探求旅行
    • ユーディ・メニューヒンもスミスのヴァイオリンを使っていた
    • アーサー・エドワード・スミスの人柄と手腕 自作ヴァイオリンの暴力的販売術
    • シベリウス作曲 ヴァイオリン協奏曲ニ長調Op.47演奏のスペシャリスト
    • アメリカの女流奏者カミラ・ウィックスもA・E・スミスの楽器を使用した
  4. シューベルト作曲「鱒のピアノ五重奏曲」イ長調 D六六七 作品百十四番 豪華珍品名演奏録画テープについて小澤龍一氏と語る
    • すごい出演者の顔ぶれ
    • 小澤龍一氏との会話
    • メータ親子は拝火教徒だった
    • 猫の手踊り 白馬の騎士の破滅 マントヒヒも指揮台から落ちる
    • 有名指揮者の性癖とカリスマ性
  5. モーツアルト作曲「ピアノ四重奏曲」ト短調 K・四七八
    • 珍しい演奏録画テープ

第二部 文芸編

  1. アントニオと語る
    • アントニオ・ストラディヴァリの石像と銅像について
    • ヴァイオリン職人は音楽家揃い
    • 日本バイオリン製作研究会について
    • EC(ヨーロッパ共同体)と統一通貨ユーロについて
    • ズバリ 現代クレモナの名工とは
    • いわゆる<デュランティストラディヴァリ>について
    • クレモナの食事とイタリア料理のルーツについて
  2. 幻の銘器 デュランティー/澤野秀雄作
  3. 呪われたヴァイオリン 〜ピエランジェロ・バルツァリーニ クレモナ 一九九七
    • フェイク ピエランジェロ・バルツァリーニ帝都を徘徊
    • Pier Angelo Balzarini 一九九七作
    • ロング・ヘアの美少女
    • バルツァリーニの呪い
    • 高崎のパチンコ大王
    • ウルトラヴァイオリンマニアの精神科医師 遠藤周司医学博士
    • 金縛りの恐怖 南足柄市在住 小森里影さん
    • 逃避行
    • バルツァリーニの逝去 西川雅子のプロデビュー
  4. オーケストラの少女
    • 将棋王将戦
    • 釣り天狗 大澤六郎
    • 母を訪ねて三千里
    • 鎌倉交響楽団
    • 愛別離苦

第三部 それ行け五幸

  1. ヴァイオリン寸借詐欺師現る 南無横浜市中区唐町警察署阿呆陀羅経
  2. 横浜中華街
  3. 新作手工芸術ヴァイオリン輸入の大恩人 故根本武さん(白川総業)
  4. 岐阜県随一の本格的弦楽器専門店 ガレリア デル ヴィオリーノ
  5. 團伊玖磨が愛した八丈島  團伊玖磨・夏の夜のコンサート



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム