ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

17/2/11 ちょっとの事で大きく変わる音〜ヴァイオリンの事実を勉強をさせて頂きに

ちょっとの事で大きく変わる音〜ヴァイオリンの事実を勉強をさせて頂きに

水曜日・木曜日は東京にてレッスン。寒い中お越し頂いた皆様有難うございました。目に見えて上達が見られる方もおられ嬉しく思いました。わたし自身は右腕がまだ痛く完治までヴァイオリンがあまり弾けないので、隙間の時間でクラシックギターを。武満徹「ギターのための12の歌」の譜読みを始めた。臨時記号だらけで難しいが素敵な和音の響きで、こういうのはヴァイオリンでは得られないポリフォニー楽器ならではの楽しみです(^^)。

金曜日は楽器の勉強をさせて頂きにでかけた。演奏家は楽器について案外理解不足なものであるし、わたしも知らないことがとても多いので、ここ10年ほど月に1回ほど出かけて勉強させて頂いている。

今回もまさかと思うようなほんの少しの事で大きく音が変わる事実を経験させて頂いた。職業が違うのだから演奏家やヴァイオリン教師が楽器を作ったり治したりする必要はないが、ほんの少しの事の積み重ねで音が作られている事実は知っておきたい。それから長い歴史の中でヴァイオリンに関わる人が必ずしも品性が高かったわけでも良心的ではなかった事実も。

現実に何が起こるか知れば権威やブランドを盲信する必要もないし、それゆえ費用も安くて済む。ヴァイオリンの世界は音大を出ても就職先の無い現実に反して、時には狂気な額のお金を投資する必要があるものだが、投資に見合わないリターンは長い目ではヴァイオリンの文化を潰すことになるだろう。適正な投資をするには適正な価値判断が必要だが、事実を知ることは価値判断に最も大切なことだ。高い・安い、良い・悪いなどの評価や価値判断がユーザーが出来ない状況は健全ではない(ユーザーはもちろんお店ですら判断できないことも多いからブランドや鑑定書=権威に頼ることになる)。

更にはヴァイオリンで教えてもらった理屈をヒントに手持ちのドミンゴ・エステソや1800年代のマーティンなど古いギターをチェックすると音色の秘密などヴァイオリンと確実に同じ事が言えることにも気づく。楽器を通して見える世界が少しずつ開けていくのはとても楽しい(^^)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム