ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

16/12/17 剥がれの修理と毛替え

剥がれの修理と毛替え

木曜日は東京にてレッスン。9コマの満員大盛況でした!お越し頂いた皆様有難うございました。それに加えてメールでのご連絡など様々なやることも多く、昼食夕食ともに急いでかき込んで、わたしも頑張りました!

レッスン後は疲れた頭でクラシックギターの弦を張り替えたくなった。以前はヴァイオリン弦を取っ替え引っ替えしていたがADG線はドミナントとE線はゴールドブラカット0.26かヒルのミディアムに落ち着いてしまっているので、現在はクラシックギターが弦をあれこれ試す楽しみの対象。ジャン・ピエール・マゼにハナバッハシルバー200ミディアム/ハイテンション(←ヴァイオリンの方には何を言っているのか意味不明で大丈夫です)を張ったらとても良い音になって満足して就寝(^^)。深夜に何をやっているのだろうか。

金曜日は先日接着が剥がれてしまったヴァイオリンの修理と併せて毛替えをして頂きに名古屋のシャコンヌさんへ。この日は寒い朝で富士山が雪をかぶってよく見えた。

治療中の自分の楽器。ニカワで接着してこんな感じでクランプで乾くまで留めておきます。

剥がれてしまっていたのを治して頂いたら音も随分充実感のある良い音になった。剥がれた部分からエネルギーが逃げてしまっていたのかもしれないが正常な音になってとても嬉しい。毛替えも早速松脂を付けて試してみたら柔らかさと張りが同居した丁度良い感じになった。なかなか「丁度良い感じ」は得難いもので嬉しい。

ギターもヴァイオリンも良い音になるのは自分にとって大変満足度の高いこと。とても良いクリスマスプレゼントになりました(物質的なクリスマスプレゼントよりも心理的に満足するのが嬉しい。年を取ったのか、それとも心理的充実が現代的なのか。おそらく後者なのだろうと思う)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム