ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

15/8/8 楽器の弦高調整とバージョンアップ完了!

楽器の弦高調整とバージョンアップ完了!

木曜日は東京にてレッスン(レッスンの最中に地震があって驚きました)。前日の水曜日に続いてこの日も9コマ!大変に多くの方にお越し頂き有難うございました。しかし連日の猛暑には驚かされます。体調崩しそう・・・。皆様もくれぐれもどうぞご自愛下さい。この日はレッスンの後もやらなければならない仕事があり、わたしも頑張りました(^^)。

金曜日は先日ネックの調整を行った新作楽器の調整に製作元の名古屋のシャコンヌさんへ。弦のテンション感がわたしには強くて、その改善のため。ナットと駒を削り、指板もほんの少し修正して頂いた。数値的にはほんの少しの事なのだろうけれども、劇的に弾きやすくなり滑るようなフィンガリングが出来るようになった。本当に嬉しい!(^^)。

それからバージョンアップをお願いしていた楽器の受け取り。極めてよく鳴るパワフルな良い音ではあったのだが、何か耳に触る音があって、どうしても解消できなかったので抜本的な解決を実施して頂いた。ニスの塗り替え、バスバーの調整、駒の交換が主な内容。全く楽器の性格が変わってしまうのではないかと不安だったが、性格は変わらないまま嫌な音は出なくなった。ほぼ狙い通りの結果になってとても嬉しい!!(^^)

手抜きの写真ですが、塗り直して美しい見た目になったNo.54

シャコンヌさんの新作シャコンヌシリーズは機会ある毎に片っ端から弾かせて頂いていて、その中で特に良いと思った2本(No.54とNo.305)。「うちの子が一番カワイイ」親バカな心情とも思うが、2本で音の性格は全然違うものの、冷静に捉えてもうちの2本は大変音の優れた楽器と思う。

同じようなものを2本も持っていてどうするのかと言われそうなものだが、これらは自分で使うだけではない。昨年入手した新作弓と同じく、レッスンにお越しの方で大きな舞台に出る方に貸し出しも出来ればいいなと思う。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム