ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

 

(休暇中)モンゴル料理とジャズ喫茶とホンダS660

引き続きレッスンのお休みを頂いております。長くお休みを頂き申し訳ありませんが、いろんな意味でだいぶ元気になりました。ヴァイオリンを弾くのもかつての調子をだいぶ取り戻せつつあるし。

引き続き、この機会にこれまで行こう・やろうと思っていてできていなかったことを嫁さんと一緒に行う。

試したいと長年思っていたモンゴル料理。自宅のある駒込にほど近い巣鴨に日本で最初にできたモンゴル料理のお店があることはチェックしてあって、ぜひ行ってみようと言うことになった。シリンゴルというお店。

羊肉の料理が多くて、その臭みが大丈夫かなあと思っていたが、とてもおいしく食べられました(^^)。ただ、翌日はさすがに身体から羊肉の臭いが立ち上っているような気がした(^^;。

羊の肉です。羊だらけの味という感じ。

翌日、羊肉の臭いを漂わせながらお茶の水のジャズ喫茶「オリンパス」に嫁さんと一緒に行く。わたしは一度行ったことがあったが嫁さんは行ったことがなかった。JBLオリンパスのスピーカーで爆音でジャズを楽しむ。ケーキもとても濃厚でJazzyな感じでおいしかった。

チョコレートケーキですがとても濃厚でおいしかったです。

その後青山のホンダの本社へ。発売されたばかりのS660が展示されていた。めちゃめちゃかっこいい!荷物が一切積めない使えなさ加減が素敵!

かっこいい!欲しい!移動目的ではなく、運転目的にしか使えないのが素敵。
見事にどこにも荷物が積めません。

ついでに青山で通りがかったテスラの電気自動車(テスラS)も見ました。大型タッチパネルディスプレイが付いていて未来の自動車のムード。でも大型車で、無意味なボンネット(中身はトランクになっている)などコンセプトは古めかしい。

自動車の未来を考えさせられた。自分には超小型車が未来志向の自動車に思える。S660もそれに含められると思う。省エネとかエコがという意味ではなく、これまでの形の階級社会が消滅しているし(別の形の階級は生まれていると思いますが)、車の大きさで地位を示すような時代ではないだろう。

身の丈に合った持ち物の中で、ひとつふたつ自分にとって大切なちょっとしたものを持っているというライフスタイルが好まれる時代が来つつあるのだろうと感じた。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム