ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

レッスン記録用の万年筆

火曜日〜木曜日は東京にてレッスン。今回も3コマ+8コマ+8コマとそれぞれたいへん多くの方にお越し頂きました。特に水曜日は雷雨の中お越し頂き有難うございました。これまで楽譜側の間違えに気がつかず、弓順を間違えてお話をしてしまっていたことに今週の水曜日になって初めて気がつきました。大変申し訳ありませんでした(思う事はいろいろあるのですが、言い訳にしかならないので)。

筆記具のお話。男の子の常で筆記具、カメラ、オーディオ、ギター、パソコンは好き(^^)。

レッスンの課題やお話しした事などレッスンの記録を万年筆でつけている。万年筆が最も筆圧が不要で素早く書けるし、15年ほど前の万年筆のマイブームであれこれ買い込んでしまったから(^^;

で、これまでペリカンの極太のものを使っていた。10年近く毎日のように使ってペン先が太くなってきたためか、細かい文字が書きにくくなってきた。

これまでのレッスンの記録(過去分全部保存してあります)。
箱に入っているものもファイルに入っているものも。
これだけ書けば万年筆も減りもするだろう。

そこで、15年程前に買ってお蔵入りしていたラミー2000のB(太字)を使う事にした。ラミーはペリカンよりも滑らかなペン先でレッスンの記録にも良い感じ。キャップが外れやすかったのでお蔵入りしていたが、ちょっと紙やすりで加工したら外れなくなった。

左がペリカン右がラミー。仕事で使うペンは同じものを2本ずつペアで使います。

万年筆換えると新しいのが欲しくなる(上記以外にも、何本も持っているのに)。また万年筆マイブームの到来の予感(^^;。仕事で使うとなると落としたりぶつけたり荒い使い方をするので、特別に高額なものでなく、でも良いものがあれば。

↓手持ちの中の特別なもの。20歳になった時だったかの記念で父が贈ってくれたウォーターマンの万年筆。特別な文章(これまで履歴書や婚姻届、青色申告の届け出書類など)を書く時専用の家宝。かなり繊細なペン先で、字が上手に書ける(わたし悪筆です)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム