ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

弦楽器店のハシゴ

土曜日は東京にて、日曜日は愛知にてレッスン。今回は両日とも9コマと大入り大御礼になりました(^^)。お越し頂いた皆様有難うございました。

金曜日の話。確定申告などがあったこともあり間が空いてしまったサイトの更新がやっとできた。今回は弓の取り扱い方についての2回目。一般ユーザはともかく楽器店でも専門性の低いお店では弓を適切に取り扱われていないことがある。試奏させてもらうよう頼んだ1000万円を超える弓を試奏室の譜面台に乗せようとする楽器店の店員がいてわたしの方が驚いたこともある。もちろん老舗の専門店ではこんなことはまず無いため、こういうことがあるとその店では買えないなあと思ってしまう。

弓も楽器も長期に渡って使うことのできるもので、それほどヤワなものでは無いことももちろん知っている。過度に丁重に扱う必要はないとも思う(白手袋をして出されると、かえって危ないよと思う)。反面、適切に扱えば長持ちするが、不適切に扱えば簡単に壊れてしまうガラス細工のようなものと思っておく必要はあるだろう。

サイトの更新後、嫁さんと楽器店巡り。前から気になる弓があった文京楽器さん、オールド弓の展示会をやっていた渋谷のクロサワ楽器さん、前から気になる楽器があった吉祥寺のシャコンヌさんへと弦楽器のお店をハシゴ(^^;。

オールド弓の展示会は海外ディーラーの在庫を日本に持ってきた展示会で、多数弾かせてもらい良いモノもあったが、わたしには「!」と思うものはなかったのが残念。毛の状態が良いと思えない弓やスクリューが壊れていて弾けない状態の弓が展示販売されていたりしたことも残念。また、これまでも思ってきた事だが、ドミニク・ペカットは個体差がとても大きいのではないかと今回も思わされた。ドミニク・ペカットで「!」と思う弓は本当に少ないよな・・・。

吉祥寺でタイ料理をまた食べて、駒込に戻り百塔珈琲でコーヒーを飲んで、充実の休日(^^)。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム