ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

ボーイングひとつにしたって

月曜日は愛知レッスン2日目。今回も多くの方にお越し頂き有難うございました。遠方よりお越しの方もおられ大感謝です。

うちではレッスン時間の多くをボーイング練習、ヴィブラート練習、音階練習に費やすことが多い。曲は当面はさらっと要点だけできていればOKとすることも多い。

ボーイングはそこそこできるまでも年単位での練習が必要であるし、きちんとやるには一生の追究が必要だろう。これでOKというのは無い。ヴィブラートも同様。

今回新しく弓を買って、空き時間があるときに弾ける曲を片っ端から弾いている。新しい道具を入手したときには、その道具の特性や使いこなし方を知るためにあらゆる技術を試す。弓の持つ位置や持ち方はもちろん、ボーイングのやり方も弓によってかなり変わるから。

今回の弓(銘柄は当面伏せておく)は相当に強力。大変に音は良いのだが、最初は使いにくいかなと思ってしまった。左手の音程の感覚が変わったし(当初音程が取れなくなった)、音もうまく出ないことが多かった。けれども、持つ位置や弓の張りを調整しつつ、多く弾いてみたらかなり弾きやすい弓であることが分かってきた。でも、使いこなせるまで1年近くはかかるだろうな・・・。

そして、この弓から学んだことを、手持ちのパジョーやユーリ、アダム?で試すと、これまでと違う音が出てくるから面白い。弓に教えられたということだろう。あれこれ買っているのはコレクションが目的ではなく、弾き方に変化が出るため、またヴァイオリンの本当の弾き方を知りたいためだろうな。(ギターはコレクターと化しているが・・・)

ボーイングひとつ、ヴィブラートひとつを取ってもゴールなんて存在しないなと思う今日この頃。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム