ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

体調不良の方続出

火曜日・水曜日・木曜日は東京にてレッスン。今回も多くの方にお越し下さり有難うございました。一方、何人か体調を崩されたりお仕事の都合でお休みになってしまわれました。どうぞお大事に&お仕事がスムーズに進みますように。

かくいうわたしもちょっと発熱しておりました。全然大したことのない微熱だったけれども、ここしばらくずっと仕事が続いていたのがたたったのかなと思う。レッスンがお休みになってしまった空き時間は普段ヴァイオリンの練習をしていることも多いのだけれども、ヴァイオリンの練習は止めて、横になって手持ちの機器の使い方を覚えることに使わせて頂きました。

気温の変化が激しいですので、体調も崩しやすいかと思います。どうぞ皆様可能な限りお休みになって、体調を崩さないようにとなさって頂きたいと思います。


楽器の整備状態

聞いた話。ペグの調整が不十分でパキパキと音が鳴りとチューニングに手間取っていたら、ちゃんと楽器の整備をしていないならレッスンにならないので今日は帰りなさいと言われたという話。

しばしば耳にする話だけれども、この手の話にはわたしは違和感を感じる。

この話の細部は不明だけれども、この場合ペグコンポジションを使った整備の方法を教えるのが教える側の役目とわたしは感じる。整備方法を教えたのに、実行せず何度もチューニングに手間取っているのであれば怒るのも理解できるけれども、方法を教えずにこういう事を言われることも多いと感じる。

他にも高額な楽器(良い楽器ではなく高額な楽器)を上達のためと称して買わせる先生などもいるけれども、上達のためと言うのなら高価な楽器を買わせるよりも、整備状態について教えるべきと考える。

うちの場合はわたしの使っている楽器を弾いて頂いて、こういう加減が正しい状態とお伝えする場合がある。また、駒の位置が明らかにずれているような場合は、素人作業だけれども直させて頂く事もある。もちろん弓の毛の状態なども、松脂を塗らせて頂いたりすることもある。

楽器の値段によらず、良い整備状態で弾いて頂きたいところ。適切な状態なら、チューニングも比較的やりやすいし、右手も左手も相当に軽い力加減で弾くことができるものなのだから。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム