ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

調子よろしい(^^)

水曜日・木曜日はレッスン。今回もとても多くの方にお越し下さり有難うございました。特に木曜日は遠方からお越しの方がおられ特例として朝8時半からやらせて頂いた。

自分で言うのも何だけれどもレッスンの調子がよろしい(^^)。先日旅行に出かける前は言いたいことがうまく言葉にできないことが多く、自分でも不本意なレッスンになることがしばしばあった。この日記でも文章を書くのがスムーズでなかった。

「こんな時に旅」とやや否定的に思いつつ出かけた後は、レッスンでも様々な表現が思いつくし、スムーズに言いたいことが言える時が多くなった。こう言う時は何が問題でどうすれば解決するかすぐに頭の中のストックから引き出すことができたし、実際に解決に至る言葉での表現になることが多い(うまくお越しの方に伝わる時と伝わらない時がある)。

飛行機に乗って(飛行機は好き)、たくさん車に乗って(車の運転が好きなのです。都内では必要ないし、むしろ不便だから車は持っていないけど)、たくさん体を動かして(山を登り、プールで泳ぎ)、少しばかり贅沢なものを食べて、良かったのだと思う。


仕事としてのヴァイオリン

ヴァイオリンを仕事とすることについて。お越し頂いている方と少しそんなお話になったので。

今回の地震で音楽の無力さを強く感じて、音楽・楽器に何ができるのかと考えることが多かった。音楽で腹は膨れないし、楽器で家は建たない。心を満たすことができると音楽家が言うこともあるけれど、それは驕りというべきものだろう。

お客様が何らかの苦痛を感じていてそれを解決すること。それがニーズでありソリューションと言える。そこに仕事は生まれる。誰にどんなサービスを届けるかが仕事を考える上で必須のこと。

そんなお話をさせて頂いた。ヴァイオリンやクラシック音楽の世界で不足しているのは、お客様の顔を見る努力と想像力と感じる。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム