ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

レッスン

月曜日の午前中はレッスンを受けに目黒区へ。

今回はバッハの無伴奏パルティータ2番を中心に。シャコンヌははるか昔、子供の頃に習っていた先生にご指導頂いたことがあるけれども、ぜひ今の先生にご指導頂きたかった。

練習不足の状況ではあったが、アルマンドから順番に(シャコンヌまで進むとは想定外でした(^^;)

長年の謎、クーラントとシャコンヌ冒頭の和音の音程がCDで聞くと高く聞こえること。この謎があっさり解決した。高めだときれいな和音になることがよくわかった。

また、クーラントの付点のリズム。バッハの時代は3連符的に弾くのでは?という謎。これは時代による流行によって変化するとのこと。

そして、拍の数え方について。裏拍を含めたビートでと。西洋人がカウントを取る、"one, two, three, four"が音楽的リズムを持っていることに不思議さを感じていた。英語やドイツ語だと、長さを持ったリズムになり裏拍まで入ると。

長い間つきあっている(もう30年のつきあいだ!)ヴァイオリンについて、少しずつ謎が解けていくのが嬉しい。弾き方についても音楽そのものについても。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム