ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

ニスのヒビ

木曜日は当方の都合によりレッスンのお休みを頂いた。お越し下さっている皆様にはご不便・ご迷惑をおかけ致しました。水曜日はレッスン。今回も多くの方にお越し下さり感謝です。お休みになってしまった方は次回を楽しみにお待ち申し上げております。

この日は新作ヴァイオリンがお休みの日(3本の楽器をローテーションをして使っています)だったのでオールドだけでレッスンをしていた。

レッスンの後、別の部屋に置いてあった新作ヴァイオリンを見たら入っていたニスのヒビが勝手に埋まっていた。ニスによっては温度差などでニスが動くという話を聞いたことがあるけれども、本当にヒビや傷が埋まるのは初めて見た。でも、今朝見てみたらまたヒビが開いていた(^^;。

先日、愛知のレッスンをしたときに気温が高かったからかなあと思う。少しニスが柔らかくなってか伸張するかでヒビの隙間が埋まって、今度は寒くなるとニスが固くなって、かつ収縮してヒビの隙間が空くと言うことかな。

実際にニスがどのような変化をしているか分からないけれども楽器を生き物のように感じる一瞬。

 


 

レッスンをしていて

お越しになる方はいろんな方がおられる。器用な方もあまり器用でない方もおられる。これは人間としての能力差ではない。これまでの音楽経験や人生経験によって要領の良し悪しや進度の違いが出てきてしまうのは避けられないことと思う。すぐにできないからと言って腹を立てることはしないつもり(言われたことをやろうとしないのは怒る)。

自分の仕事は進むべき方向性をお示しすることなんだなと思う。正しい方向性をお示しして、それを信じて進んで頂ければ、歩く速さはそれぞれ違うけれどもいつか目的地に達成できるということ。どうやって弾けば良い音が出て、美しい音楽ができるか、誰にでもわかる単純な言葉でお示しすることができるのであれば、いつか良い音で美しい音楽ができるのだろう。

もちろんわたし自身が知っている道だけが正しい道であるとは限らない。また適切な道を分かる表現でお示しすることは難しいことも思う。難しいことを簡単に言うのはそれこそ一番難しいことであるし、単純化し過ぎてかえって分かりにくくなることもある。

自分は演奏家ではないのだからヴァイオリンだけが弾ければ良いわけではない。ヴァイオリンの勉強だけでなく、音楽全般(クラシック音楽だけでなく)にも、物事を伝える全般についても勉強しなければいけないなあと思う。

レッスンをしていてそんなことを思った。何となく自分のやるべきことが分かったように思えた。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム