ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

レッスン(教える方)

土曜日は東京にて日曜日は愛知にてレッスン。両日で17コマと本当に多くの方にお越し下さり大感謝です。また、遠方からお越し下さった方もおられ嬉しい限りです。

相変わらずヴィブラートのお話。

今のところヴィブラートを初めて1年程度で良い音になってくるケースが多い。良い音のヴィブラートとは揺れの波形が正弦波のように角がなく均一になっている加減と考えている。

揺れの速さ(周波数)は概ねトリルと同じ速さ、あるいは普通のテンポの曲で32分音符の速さ。揺れの深さ(振幅)は元の音程が失われない程度。力加減は強からず弱からず、正しい手の形で。

指を柔軟にする練習は必要だけれども、基本的にはこれだけでかなり良い音が出る。

普通のことをきちんとやればそれでよいのだと思う。ヴァイオリン演奏に極意・コツがあるとすれば、普通に立って、楽器と体を邪魔しないようにヴァイオリンと弓を持って、楽譜通りに弾くことなのだろう。その普通のことを普通にやるのが一番難しいのだけれども。

でも、奇抜なことを何もしないで成果が見えてくると私としてもとても嬉しい(^^)。

 


 

テレビ電話の実験

今回Webカメラを持ってきてスカイプを使ったテレビ電話の実験を行った。以前、3年ほど前にも実験をしたことがあったのだけれど当時は30万画素のWebカメラとADSLで非常に品質が悪く断念した経緯がある。

最近購入した高画素のWebカメラ(ロジクールのQcamというもの)と、MacBookのiSight(内蔵カメラ)を使ってやってみる。

ロジクールのQcam。見た目にもかわいい。

まだ画像的には幾分荒いけれども充分使える範囲になってきた。かなり普通の感じで会話ができるし、画像の遅れもほとんどない。これならいけるかも(^^)

 


 

キーボードの購入

愛知で使用するためにキーボードを購入した。簡単で安いものでいいので、カシオのLK-301BBというもの。機種選定に深い意味はなく、近所のハードオフで売っていて、まずまずの機能だったから(中古品で15,000円)。

持ち帰って、いろいろ試してみるとおもしろい(^^)。音色も豊富であるし、リズムのパターンや自動演奏機能がかなり充実している。マイクの入力もできてエコーもかかる。良いスピーカーがついていて立派な音がする。鍵盤も光るし(^^;

簡単なキーボードもあなどれないなと思う。その実力の高さに改めて感心した。

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム