ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

レッスン(教える方)

土曜・日曜は教える方のレッスン。二日間で19コマ!お越し下さった皆さま本当に有難うございました。

久しぶりにお越しの方。前回と同様な指摘をさせて頂いたが、以前より反応が速くすぐ良い音になった。これはきちんと上達している証拠。良くなってくると、ちょっとだけの指摘で良くなるし、反応も速くなる。

目新しい話がなくがっかりされるかもしれないし、「また同じことを言われた」と思われるかもしれない。けれども、反応が速くなっているのは上達なので安心して頂きたい。完全にできるまでしつこくお話させて頂くが、そのように捉えて頂ければと。

--------------------------------------------------------------

もうひと方。今回初めてお越し下さった方。グラズノフの協奏曲で、かなりよくお弾きになる方。楽器の持ち方や弾く力加減などをご提案させて頂き、楽器の胴体が鳴る良い音になったと思う(強い力でお弾きになっていた)。

また、ヴィブラートはヴィブラートの動きを「角の取れたサインカーブのようなイメージと」お話させて頂いた(これは多くの方にご説明に使う)。変にうるさくなく、美しい音になったと思う。

オシロスコープで見ると(今はPC上のソフトだが)、ノイズの少ない響く音(すなわち良い音)は角の少ない波形にように思える。良い音のひとつの基準は波形の自然さなんだなと思う。

ヴィブラートの波形を可視化したいもの。どうやったらできるかな。古典的なやり方だが、指先に電球をつけて、高速度撮影をすればできるかな(はたまたスローシャッターか)。

※追記:ヴァイオリン@ウェブさんにしばしば出てくるタルティーニというソフトを使うと、ヴィブラートも可視化できます。このソフトはなかなか面白いです(サラサーテの6月号に出ていたことを思い出しました)。ただ、HPの映像表現としてはどうなんだろう・・・。シンプルに映像化したいもので・・・。

 


 

CDについて

CDを販売開始して5日ほど。この5日間で18枚ご注文頂き、多くのご注文に非常に驚いている。レッスンにお越し下さった際にお買い上げ頂いた方もおられるが、ご送付させて頂く方もけっこう多い。

好評頂いているが、これはうちのHPをご覧の方だからと思う。外部の方(特にプロ演奏家)から見れば、「あんな簡単な曲をCDにして商売して」と思われているだろう。すき間商法と思われてもいるだろう。

演奏家はプライドで生きているようなものだから、評価の低い曲を弾くのを嫌がる傾向がある。けれども、ベートーヴェンのクロイツェルソナタやフランクのソナタばかりが需要のある曲とは思わない。

わたし自身はお望みであれば、きらきら星を大まじめに喜んで弾きたいと思う(今回のCDからは編曲の著作権に問題があると考え、外しましたが)。

音楽家なんて、かつては身分の低い存在だった。使って頂いて、聴いて頂いてナンボの存在。わたしはそれで良いと思うし、HPもCDもいろんな形でお役立て頂ければと願うばかり。



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム