ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

北海道臨時レッスン

日曜日は北海道臨時レッスン@北広島中央会館。3コマとわたしとしては予想以上に多くの方にお越し下さった。本当に有難うございました。

なぜ急に北海道なのかということだが、嫁さんが北海道北広島市の出身のため帰省に合わせてというもの。そのため年に1度か2度は北海道に来ており、一度やってみようとなった(採算性は全然なし)。

臨時レッスンのため、音の出し方の考え方、持ち方・構え方などのお話を中心に。今回、全員が弓を大きく使い過ぎで、音がかすれてしまっていた。歯車のように弓と弦をかみ合わせないと音が出ない、手先だけではなく、身体の中の方から動かすようにと、お話させていただいた。

それなりに改善できたと思う。ただ、臨時レッスンのためまた元に戻ってしまわないか心配。どうぞ、楽器の響きを邪魔しないことと、充分にゆっくり弓を塗りつけることを思い返して頂ければと思う。


恵山温泉旅館

金曜日・土曜日は恵山に観光。恵山は函館近くの活火山で、山登りもできるし、温泉もあるし、の場所。

千歳でレンタカーを借りたので片道320kmの道のり。距離があるのでちょっと高いけれどマツダ・ロードスターを。オープンにすると気持ちいい時期でもあるし、疲れずに走れる車がいいし。

10時間走って宿泊の恵山温泉旅館に到着(もちろん地球岬など寄り道多数)。昔懐かしい感じの旅館でとってもいい感じ。お客さんは他にひとりの様子。

 

まず、食事を頂いた。11品!ふつうの一人一泊8,000円(夜・朝食事付き)のでこの豪華な料理。ホッケやカレイ、カジカなど土地の魚が中心でとても美味(^^)。お腹いっぱい(量が少し多かった)。

旅館のお風呂は強烈。強い酸性のお湯(pH2だそうです)。舐めると、レモンのような苦いような味。お風呂の室内は金属がついて茶色&緑。ぬるめのお湯(加熱していないらしい)だったけれども、肌がつるつるになったのは肌が溶けたのか。

翌朝、恵山に登る。噴火口コース(距離900m程度)と頂上コース(距離2km程度)の両方に行ってみる。噴煙の上がっている目の前まで行けて大満足。いろんな岩があり、600m程度の山では見られないような植生で非常に興味深い。

登ると海が見える。津軽海峡を挟んだ向こう側は下北半島(青森県)。とてもいい景色。恐山も見えた。

切り立った崖のような山なので、標高600mの割には迫力あり。

降りてから、市営の温泉へ。恵山温泉旅館の近くであるがこちらは強い塩分の温泉。舐めると海水のような味で薄い茶色。恵山温泉のぬるいお湯とは違って熱いお湯でとても温まる。ただ、塩分が強いのでちょっとした傷口にしみる。髪の毛が海水浴に行ったようにぱりぱりに。

市営温泉の裏には、謎の実物大金閣寺と巨大仏像。なんじゃこりゃ。(モンテローザというバブル期のリゾート遺跡らしい。非常に痛い。)。

道の駅のなとわ・えさんで休憩&お食事。とても美しい景色。海がきれい。砂が黒っぽい砂(雲母だろうか)と白っぽい砂が混ざっていて、砂浜の波紋がとても美しい。遠くに見えるのが恵山。

 

道の駅の食事どころでがごめ昆布ラーメンを頂く。土地の昆布を麺に練り込んであって、ダシも昆布。とてもおいしい(^^)。道の駅でここまでおいしい食事は珍しいのではないか。ごっこ汁もおいしかったです(「ごっこ」はアンコウのような魚らしい。アンコウより美味に思えた)。

走行距離659km。よく走りました。ロードスターは楽しかったけれども、楽な車ではなかったです。日焼けもたくさんしました。

恵山の観光は大満足+大お勧めです。ちょっと遠かったけれど、函館からならすぐのはず。函館の方にお越しの際はぜひ(^^)



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム