ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

2008年も今日で終わりになります。本年も多くの方にHPをご覧頂き、多くの方にお越し頂き、多くの名器・名弓に出会い、多くの土地に出かけました。本当に有難うございました。

2009年もどうぞ宜しくお願い致します。また、皆様にとりましてよい2009年になりますように願っております。どうぞ皆様よいお年をお迎え下さい。

自分なりに2008年について書かせていただきたいと思います。よろしければご覧下さい。

 


 

ヴァイオリンがわかる!の2008年

2008年は50万アクセスを10月に達成し、HPのリニューアルもした。現在、28,000アクセス/月のトップページビュー、約20万アクセス/月の全ページ閲覧数で、非常に多くの方にご覧頂いている。

検索エンジンによる順位も、「ヴァイオリン」「バイオリン」のキーワードでYahoo!、Googleともに2位で大変に高く評価して頂いている。

完全にひとりで作成しているWebサイトであるが多くのアクセス数と検索順位での高い評価は素直に嬉しい。少しでもお役に立っているのであれば何よりと思う。

 


 

レッスンの2008年

2008年は2月にレッスン料を下げ、6月には水曜日のレッスンを開始した。11月には愛知県でのレッスンを開始した。

2008年は、800回ほどのレッスンを行った。中学生から70代後半の方まで、全く初めての方からチャイコフスキーの協奏曲まで、近くは埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、愛知県から、遠くは福岡県、宮城県、長野県、静岡県、国外からはスイスやアメリカ、バングラディシュ、シンガポールから、140人ほどの方々がお越し下さった。現在50名ほどの方々がそれぞれのペースで定期的にお越し頂いている。

良い音色で弾きたいというご要望や、身体が痛くなるのを何とかしたい、というご要望が多かった。

ほとんどの方が少なくともその場ではノイズが少なく音量の多い良い音色になったし、定期的にお越しの方は着実に良い音になっている。また、身体も痛くなくなったと言われる方も多い。

一番楽な加減で、一生懸命ではなく、良い音色・音程でヴァイオリンを楽しんで頂きたいと思う。また、機会があればそのような発想でストラディヴァリやグァルネリを頂点とする名器を弾くことを試して頂きたい。良い楽器ほど楽に弾く真価が出るのだから。

 


 

2008年に出会った楽器たち

今年も多くの名器・名弓に出会った。極めて良いストラディヴァリにも、名演奏家の持っていたピエトロ・グァルネリ、プレッセンダなども触った。弓もトルテやサルトリなど名弓を一度に見ることができ、名弓が良い音がする理由が少し分かったような気がした(良い弓ほど自然な形状)。

ヴァイオリンの購入はなかったが、ヴァイオリン以外の楽器をいくつか購入した。

ギター マーティンD-45:良いアコースティック・ギター。20年来の念願がかなった。ギターだって、良い楽器は軽いし、音色は太く、華やか。

電子チェンバロ ローランド C-30。弾いていて幸せになる電子楽器は初めて。バッハのインベンションやラモーのクラブサン曲集を練習しているが毎日の練習が楽しい(^^)

 


 

2008年のわたくしごと

わたくしごとですが。北は北海道、南は沖縄に行った。北海道は1月の寒い時期に沖縄は暑い9月に(^^;。

マイナス20度の世界を初体験。寒いところで強いウオッカを飲んでも酔わないのには驚き。写真はお昼。マイナス13度(@北海道然別湖)。ダイヤモンドダストや氷上でのお風呂、スノーモービルの運転など体験した。

9月には沖縄。素晴らしい海と夕日(@名護市)。白い砂浜にはヤドカリさんやシオマネキさんが歩いていたり。チャンプルーも沖縄そば(すば)も口にあった。また行きたい(^^)

世界一の大仏にも。寺社仏閣、仏像鑑賞は25年来の趣味なので押さえておかなければと。高さ120mの大仏様(@茨城県牛久大仏)。(^^;。こちらはまた行きたいかは微妙。

お城マニアにはたまらない(わたしお城マニアです)。今年行ったのは姫路城と名古屋城、首里城、今帰仁城。姫路城は一度行ってみたかった。素晴らしいお城。さすがに現存部分がもっとも多いお城です。

名古屋城の金シャチ。愛知県出身でありながら、名古屋城には行ったことがなかった。望遠レンズで撮ってはじめて金シャチの表情がわかる。

 

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム