ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

ヘロン・アレン バイオリン製作 今と昔 第1部

基礎情報

著者・編者
訳者
題名
出版社
価格

ヘロン・アレン
尾久れも奈
バイオリン製作 今と昔 第1部
文京楽器製造株式会社企画部
2400円

   

表紙写真

ヘロン・アレン バイオリン製作 今と昔 第1部

目次

  1. バイオリンの木材と形
    • バイオリンとは
    • バイオリンの材料となる木
    • 化学的に処理された木 - 木を熟させるためのさまざまな試み
    • 木材の種類と品質
    • 木材の裁断法について
    • 形(モデル)とその製図法
  2. バイオリンの裏・表・横
    • 裏板・表板の厚み
    • 横板について
  3. バイオリンの内側
    • ブロックについて
    • 横板につけるライニング
    • 魂柱の寸法と位置そして機能
    • バスバー(力木)の寸法と位置
    • いろいろなバスバー
  4. バイオリンの外側
    • エフ(f)孔について
    • ネックとスクロール
    • 駒について
    • パフリング(ぞうがん)
    • 木くぎについて
    • 装飾について
  5. ニス
    • 失われた「クレモナ・ニス」の秘密
    • クレモナのニスの作り方
    • ニスの果たす役割
    • ニスを塗る前の下塗り
    • ニスの色づけの方法
    • ニスの配合
    • ニスの塗り方
  6. 付属品と器具
    • 付属品の種類
    • 糸巻き
    • ナット・指板
    • テールピース、テールピン
    • あご当て
    • 弱音器(ミュート)
    • 松やに
    • 弦ゲージ・音叉・弦箱
    • バイオリンの納い方とケース
  7. 弦について
    • 弦の選択
    • 震動の理論とバイオリンの関連性
    • 良い弦と不良な弦
    • 弦の保存法とその種類
    • 弦の作り方
    • 巻き弦、絹弦とアクリベル弦



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム