ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

神田 侑晃 ヴァイオリンの見方・選び方 間違った買い方をしないために基礎編

基礎情報

著者・編者
題名

出版社
価格
ISBN

神田 侑晃
ヴァイオリンの見方・選び方
間違った買い方をしないために基礎編
レッスンの友社
3,150円
4947740019

 

ご購入はこちらからどうぞ
神田 侑晃 ヴァイオリンの見方・選び方

表紙写真

神田 侑晃 ヴァイオリンの見方・選び方 間違った買い方をしないために基礎編

目次

  1. 本体についての基礎知識
    • 各部の名称を覚えましょう
    • 大切なサイズのはなし
      [覚えておきたい二つのサイズ]
    • 材料(Woods)には何を使うか
    • パターン(Pattern, Shape, Model, Form)
      ・・・ヴァイオリンの「形」のはなし
    • ふくらみ(Arch, アーチ)について
    • 厚み(Thickness)の話
    • 作り(Workmanship)について
    • ニス(Varnish)の話
  2. バロック・ヴァイオリンからモダン・ヴァイオリンへ・・・フィッティングの変遷
    • バロック・ヴァイオリンとモダン・ヴァイオリンとの違い
    • モダン・フィッティングはパリに始まり、ヨーロッパ各地に広まった
    • フィッティングの実際
    • ネック・グラフティングには二通りあります
    • ネック・グラフティングの痕跡は、鑑定の基本的なポイントです
  3. 部品の概要
    • 4点セットの材料について
    • ペッグ(Peg、糸巻)
    • テール・ピース(Tail Piece, 緒止め)
    • エンド・ピン(End - Pin)
    • アゴアテ(Chin - rest, 顎当て)の選び方
    • 駒と魂柱はクラフトマンの腕の見せ所
  4. ヴァイオリンの音を解析する
    • ヴァイオリンの音の音響学(Acoustics, アクースティクス)的分析の歴史と結果
    • 音響学的解析は果たして正しい研究なのでしょうか
  5. 材質、本体の形、経年変化がもたらす音への影響
    • 材質と音との関連
    • パターン、エフ孔、横幅、横板と音との関係
    • 誤解されているハイ・アーチ・ヴァイオリン
    • 経年変化が大切な理由
  6. オールド、モダン、コンテムポラリー(Contemporary, 新作)ヴァイオリンの意味
    • オールド・イタリアン・ヴァイオリン
    • モダン・イタリアン・ヴァイオリン
    • コンテムポラリー・ヴァイオリン(新作)
  7. ヴァイオリンの系列(スクール、School)
    • 銘器の名前を覚えましょう
    • イタリア
      1.クレモナ(Cremona)スクール
      2.ブレッシャ(Brescia)スクール
      3.ヴェネツィア(Venezia)スクール
      4.ミラノ(Milano)スクール
      5.トリノ(Torino)スクール
      6.ナポリ(Napoli) スクール
      7.マントヴァ(Mantova)スクール
      8.ボローニャ(Bologna)スクール
      9.ローマ(Roma) スクール
      10.フィレンツェ(Firenze)スクール
      11.フェラーラ(Ferrara)スクール
      12.コモ(Como)スクール
      13.アスコリ(Ascoli)スクール
      14.ジェノヴァ(Genova)スクール
      15.ヴィツェンツァ(Vicenza)スクール
      16.ヴェローナ(Verona)スクール
      17.リヴォルノ(Livorno) スクール
      18.ピアツェンツァ(Piacenza)スクール
      19.トゥレヴィソ(Treviso)スクール
      20.フェルモ(Fermo) スクール
      21.パドゥア(Padua)スクール
      22.パルマ(Parma)スクール
    • ドイツ系(Germany, Austria, Czecho, Slovakia)
      1.フュッセン(Fussen)スクール
      2.チロリアン(Tyrolian) - アブサム(Absam)スクール
      3.ミュンヘン(Munchen) スクール
      4.アウグスブルク(Augusburg)スクール
      7.ミッテンヴァルト(Mittenwald) - バヴァーリアン(Bavarian)スクール
      8.ストラスブルク(Strasbourg, ストラスブール)スクール
      9.ザクソニイ(Saxony) スクール
      10.ベルリン(Berlin) スクール
      11.ドゥレスデン(Dresden)スクール
      12.マインツ(Mainz) スクール
      13.プラハ(Praha) - ボヘミアン(Bohemian)スクール
      14.ヴィーン(Wien) - プレスブルク(Pressburg、今のBratislava - スロヴァキア) スクール
    • フランス(France)
      1.黎明期
      2.パリ(Paris) - ミルクール(Mirecourt)スクール
      3.1,2以外のフランスを代表するメーカー
    • ロー・カントリーズ(Low Countries, Benelux, ベネルクス)
      1.オランダ(ダッチ・スクール, Dutch School)
      2.ベルギー(フレミッシュ・スクール, Flemish School)
    • イギリス(England)
      1.イギリス 17-18世紀
      2.イギリス 19世紀
    • デンマーク(Denmark)
      1.コペンハーゲン(Copenhagen)
    • スペイン(Spain)
      1.18世紀
      2.19世紀
  8. 「ヴァイオリンの見方」の総括
    [総括]
    [終わりに]



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム