ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

小林武史 ヴァイオリン一挺世界独り歩き

基礎情報

著者・編者
題名
出版社
価格

小林武史
ヴァイオリン一挺世界独り歩き
芸術現代社
1,500円

 

ご購入はこちらからどうぞ
小林武史 ヴァイオリン一挺世界独り歩き

表紙写真

出版社に許諾を取っていないため、
表紙写真は掲載していません

目次

生い立ちの記

  • 父子三人、長屋でギコギコヴァイオリンの練習
  • 健次は良い子で、武史は悪い子
  • 「八十島先生」「おばちゃん」「近衛先生」「三鬼さん」への感謝

海外修業時代

  • 「東響」のコンマスからチェコの「ブルーノ・フィル」のコンマスへ
  • 舞踏会に招ばれ、ダンスでひっくりかえる
  • 少女がくれたレモンにむしゃぶりつく
  • 世界のどの国でも質問される「スズキ・メソッド」
  • 神か狂気か偉大なるシュチェパーネック先生
  • リンツの「ブルックナー交響楽団」のコンマスになる
  • 「恋をしているときは、ドナウ河は青く見えるの」

東南アジア演奏旅行日記(一九七二、三,四年)

  • 文化交流のための演奏旅行の意味
  • イスタンブール 東西文化の間
  • デリー カースト(階級制度)の不思議
  • ボンベイ 幼い娼婦や、足や腕のない子供たち
  • マドラス 足で支えるインド・ヴァイオリン
  • カルカッタ カステラにあたり下痢でふらふらのコンサート
  • バンコック 王妃はクライスラーの小品を注文
  • チェンマイ 裸足にクツをはいた町長さん
  • ジャカルタ この町で初めてクラシックを聞いた市川さん
  • ジョクジャカルタ カーバイトの照明で汗みずくで演奏
  • メダン もっと大きなタマゴ焼きを下さい
  • シンガポール 若い国家、東南アジアの表玄関
  • クアラルンプール 大使公邸の「ホームコンサート」
  • イボー サルタン(王様)ははにかみ屋?
  • ペナン 海老と蟹を一生懸命食べる
  • コタキナバル 無人島での素晴らしい休日
  • サンダカン 口笛と闘い演奏で勝負する
  • マニラ 演奏会は見に行くのではない、聴きに行くのだ
  • 香港 レヴェルが高いこの国の聴衆
  • マニラ 團さんの「ファンタジア」演奏で聴衆が熱狂
  • 京城 今後に期待される韓国の音楽家

ヨーロッパ演奏旅行

  • チェコスロヴァキア演奏日記(一九七五年)
  • ロンドンでデビュー・リサイタル(一九七七年)
  • ムジーク・フェラインでコンチェルトを演奏(一九七七、九年)
  • 「ブルーノ・フィル」と伊福部昭先生の協奏曲を初演(一九七九年)

インディオの子供たちにヴァイオリンを教えた話

  • ヴェネズエラ乗り込み奮闘記
  • ついに大統領の前でオーケストラと協演
  • 「子供たちは世界中同じです」



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム