ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

どんな仕事が考えられる?〜ヴァイオリンで仕事をする5

ヴァイオリン演奏で仕事をするのは狭き門であるのが現状と言えます。それは、楽器としてのヴァイオリンがつまらないものになったわけではなく、需要の根本的な減少に対して供給が多くなり過ぎたためと考えられます。楽器としては今でもまだ魅力ある存在であると思います。

それではヴァイオリンにまつわる仕事でどんな仕事が考えられるでしょうか?ヴァイオリンを仕事にしようと考える場合、なるべく楽で綺麗な仕事をしたいと願うかもしれませんが、仕事はスマートにできるものではありません。他の人が嫌がることが仕事につながるものと考えるべきでしょう。

簡単に考えることができるのは、時間や空間のシフトです。

午前中や深夜のコンサートは必要とされるかもしれないし、早朝や夜中のレッスンの需要は潜在的に多いのではないかと思います。また、ライバルのいない場所や土地で潜在的な需要があるかもしれません。深夜営業の弦楽器専門店があればいいなと思うこともしばしばあります。

また、他の技能との合わせ技が考えられます。ヴァイオリン以外に得意なことがあるのであれば、潜在的な需要を満たせられるかもしれません。

容易に考えられることとしては、外国語との合わせ技。外国の方にヴァイオリンを教えるというのは潜在的な需要があると思います。特に中国語や韓国語が得意であれば有利に働くはずです。

もちろん、一見関係ないような別の組み合わせも考えられます。法律が得意であればヴァイオリンにまつわる法律問題を解決出来ることになるかもしれません。真贋問題はもちろん、今後出てくるであろう相続の問題などにも法律面のアドバイスが必要になるだろうと思います。医学的な知見が豊富であれば、ヴァイオリニストに多い身体面の痛みに対する専門的なアドバイスをする仕事ができるでしょう。

最近「終活」が話題になっています。自分にとって最期の音楽が必要とされるのかもしれません。自分で作った曲や映画をYoutubeやニコニコ動画に投稿するケースが多く見られますが、その中に生のヴァイオリンの音が必要とされる場面があるかもしれません。あるいは、個人宅でのコンサートの更に先に、ひとりを対象としたコンサートなども考えられるかもしれません。

等々、思いつきであれば仕事になりそうなアイディアはいくらでも出てきます。必要とされることをお金を介して満たすのが「仕事」です。その原点をいつも意識することがヴァイオリンを仕事にするヒントになるはずです。

←BACK


関連記事

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム