ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

コンサートを聴きに行く - 最小限の費用でヴァイオリンを楽しむ8

コンサートを聴くときは、つまらないコンサートをたくさん聴くより、うまい演奏家のコンサートを多く聴く方が楽しいし、得るものも多いと思います。

タダだから、1,000円だから行ってみようというコンサートに価値がないとは言いません。クラシックのコンサートに初めて行くというような場合には、きっかけにはなるでしょう。ですが、二流・三流の演奏家のコンサートはやはりそれほど面白いものではありません。

クラシックのコンサートは眠い。実際に、寝ているお客さんもたくさんいますし、実際のところわたしにとっても眠いことは多くあります。眠いのはクラシックを知らないから、縁が浅いからと言ったお客さん側の責任ではなく、演奏する側が面白いショーになっていないからと思います。

ですが、クラシックのコンサートも名演奏家のものはかなり面白く聴ける場合もあります。コンサートでお金を節約するなら、入場料は高いですがぜひ(国際的な定評のある)名演奏家のコンサートに行ってみていただきたいと思います。

少なくともわたしにはその方が面白いし、眠くもならないです。これまで、わたしが行った中で「良いものを聴いた」「本当に楽しい」と思ったのは、ここ5年ほどの間では、ヴェンゲーロフ、クレーメル、イダ・ヘンデル、バシュメット(ヴィオラですが)と名の通った人ばかりです。

まれに、無名な人でも「楽しいコンサートだった」と思うことはありますが、まずは、ぜひ名人たちの演奏を聴いてみて頂きたいと思います。

←BACK


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム