ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

鑑定書は偽造可能、音は偽造不可:先生と楽器購入 5/5

鑑定書・証明書がついているから大丈夫、という気持ちはありませんか?先生から勧められるときに鑑定書の話が出てくることもあるかと思います。

も ちろん鑑定書は誰かの意見書であって参考になる情報ではあります。有名人の書いた鑑定書があれば売却時に有利になるのも事実でしょう。ですが、「鑑定書があるから購入しよう」というのは好ましくありません。それは、楽器にお金を払っているのではなく、紙切れにお金を払っていることになるのです。

こ れまで何回かに分けて、先生と楽器購入のお話をしてきました。先生を疑え!と言っているわけではないし、先生に勧められての購入を否定するわけではありません。金額や勧められ方に納得できなければ購入するべきではないし、その楽器の音にお金を出す価値を見いだせるなら購入してもよい。それだけのシンプルな 話で、また、シンプルに考えるべきです。

鑑定書にせよ、先生の意見にせよ、売却時の価格予想にせよ、いくらでも偽造可能なものです。それらは参考にしても良いが優先するべきではない。購入する品物自体に価値を見いださなければ購入することはない。優先するべきなのは音です。そして音は偽造できないものです。

批判を受ける覚悟で言いますが、音がよければ、きちんと作ってある楽器と言えるし、正しく調整されていると言えるし、コンディションも良好と言える。ひいては、将来的な価値も保証されると言えます。音は物理現象だからこそウソはつけないのです※。

楽器の善し悪しは音にあり、音の違いは誰でもはっきりわかります。先生から勧められるときでも先生への義理立てを第一にするのではなく、音を第一にと考えることを強く勧めます。

※「楽器が寝る」という現象、「弾き込めば鳴る」という現象もある程度事実です。また弾き手の側が楽器を弾きこなす必要もあります。ですが、今の時点でダメな音ならダメな楽器なのです。本領発揮していなくても良い楽器は良い音がするものです(他人が弾くのを客観的に聴くとよくわかります)。

←BACK


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム