ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

ヴァイオリンを買い換えたい:買い換えのヒント

ヴァイオリンをある程度弾けるようになるとより良いヴァイオリンや弓が欲しくなります。「良い楽器を使ったらどうなるのだろう?」という好奇心と、良い楽器を使えば良い音・美しい音楽が出るのではないかという期待感からの欲求と思います。

少なくともわたし自身、その好奇心と期待から何度かヴァイオリンや弓の買い換え・買い増しをしてきました。楽器を換えて成功と思ったこともあれば、あまり成功ではなかったなと思うこともあります。その経験から学んだ、ヴァイオリンや弓を買い換えるときのヒントを記していきたいと思います。

通常のモノであれば、多少失敗してもそれほど痛くはないのですが、ヴァイオリンは高額なことが多く失敗するとかなりの痛手になります。けれども、無難な選択はつまらない楽器を入手することになりがちです。また、購入時は気に入っていてもしばらく経つと不満が出てくることもあります。

長期にわたって満足が持続できるためには、音と楽器の持つ音楽性を優先して選ぶことと思います。それも、「なにげに良い音」ではなく、「すっげー!!!音」でないと飽きます。ご自分なりに「すっげー!!音」を感じる楽器を選ぶことが長期に渡って満足できる楽器選びの方向性になります。

もちろん、見た目や製作者名などのブランド、将来売却するときの価格、またお店の選択なども考慮に入れることになりますが、最終的な満足度は音によるように思えます。

次回から、具体的に記していきたいと思います。

NEXT→

 


関連記事

 



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム