ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

弓も高度なバランスが必要-良い弓ってどんな弓?4/4

弓の強さが良い弓の条件と言われることがあります。弾力のある弓、曲げ剛性の強い弓が良い弓と言う話を聞くこともあります。

弓は板バネのようなもので、弓の毛の張りを高いテンションに保つには適度な弾力が必要です。あまりにも弾力が少なく、へたったバネのような弓を見かけますが、こういった弾力の無い弓は問題外でしょう。

残念なことに、弾力の少なすぎる弓は安価な弓のみならず、名弓と呼ばれるような高価な弓の中にも見かけます。

ですが、強ければ良いというわけでもありません。単に強いだけならカーボン弓やヴィヨームのスチール弓の方が強いことになりますし、スティックをもっと太くすればよいかもしれません。強さだけが良い弓の条件ではありません。弓についても高度なバランスが重要なのです。

弓についても、楽器と同様、たくさん見て弾いてみることで、どういうものが良いものなのか分かるようになってくると思います。「強い弓」などと、頭で分かったようなことを言うのではなく、謙虚に弓の音を聴こうとすることが良い方法なのではないでしょうか。

数多く試奏するのは面倒ですし、それができる楽器店も限られています。ですが、楽器店等のイベントを利用して色々な弓を弾いてみてはどうでしょう。ぜひ、知識としてではなく、ご自分の感覚で弓の良し悪しを体験してみることをお勧めします。

弓を選択する場合の参考になれば幸いです。

←BACK


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム