ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

先の細い弓が良い弓?-良い弓ってどんな弓?3/4

弓の先が細い弓を良い弓と考えている方がいらっしゃるようです。
ヴォアラン(Voirin)やラミー(Lamy)といった名弓には、先の方がとても細く作られている弓があります。一方、安価な弓は太めに作られていることが少なくありません。これを見て、細い弓は良い弓と考えられるようになったのかもしれません。

弓の先

安価な弓は材料の質が充分ではないために、充分な強度を得るために太く作らざるを得ない場合があります。そのことから、安価な弓は太い場合が多いようです。

しかし、名弓でもトルテ(Tourte)、アダム(Adam)、ペルソワ(Persoit)などは太めに作られていることがあります。決して、名弓だからといって細いわけではありませんし、細いから良い弓ということもできません。

演奏家にとっての弓の良し悪しは、「音色」と「弾きやすさ」にあると思います。いくら見た目に美しく名の通った弓でも、良い音が出せなかったり、弾きにくいものは、演奏家にとっては価値は低いと思います。弓も楽器なのです。

弓を選択する場合の参考になれば幸いです。

←BACK NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム