ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

量産楽器と手作りの楽器 - 安くて良いヴァイオリンを探すために 1/8

「手作り」。良い響きです。大量生産が当たり前になった今日では、「手作り」は「良いもの」のイメージを持っています。ヴァイオリンでも同様のイメージがあって、「手工ヴァイオリン」は「良いヴァイオリン」というイメージを持っています。

ですが、量産ヴァイオリンより手作りのヴァイオリンの方が本当に良いヴァイオリンなのでしょうか?同じ値段だったら、手工品の方がいいのでしょうか?

結論を言えば、手作りか量産かということと、楽器の良し悪しは関係ありません。知識も理論もなしに手作りしたヴァイオリンと、極めて周到に研究・設計がなされた量産ヴァイオリンと比べたら、圧倒的に量産楽器の方に軍配があがります。

実際、残念ながら、低価格の手工ヴァイオリンは値段なりのものが多いようで、「手工品」であることを強調したものほど、コストパフォーマンスは低い傾向があるように思えます。

ヴァイオリンの善し悪しに影響するのは、「手作り」か「量産」かといった製造プロセスではありません。「素材」「構造」などといった音響特性に直結する要素が影響するのです。

量産品・メーカー製中には、かなり良い楽器もあります。量産品だからと言ってバカにせず試奏してみてください。手に取ることなしでは、また、試奏することなしでは、楽器を判断する第一歩すら踏み出せていないことになります。

「○○○だから良い」、「×××だから悪い」といった論理は、素直な感受性の妨げになります。宣伝文句やラベルを見ずに素直になって弾いてみることが、安くて良い楽器を見つける第一歩です。

NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム