ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

ストラディヴァリはそんなに良いのか?- 良いヴァイオリンってどんなの?1/6

2006年5月のクリスティーズのオークションで、1707年のアントニオ・ストラディヴァリ「ex.Hammer(竹澤恭子さんが使われていた楽器)」が354万ドルで落札されました。

「ストラディヴァリってのは4億円もするほど良い音がするヴァイオリンなのか?」これは、多くの方にとって素朴に疑問に思う点ではないでしょうか?

書籍などにも「安価な楽器と高価な名器を弾き比べて客観的に聴き比べた場合、必ずしも高価な方が良い音と判定されるわけではない」というエピソードが記されています。大した差がないのになぜ何億円もするのか。単なるブランド志向、集団催眠術なのでしょうか?

私自身はストラディヴァリをはじめとするイタリアの名器を200本以上触っていますので、少しばかりは印象をお伝えできるのではないかと思います。書籍に書いてあることだけではなく、実際に触った印象でお話しさせていただきたいと思います。

楽器の価格や音に関しては、あまりにも考えるべきパラメータが多いので、少しずつ整理して丁寧にお話ししていくことにしましょう。

まず、「楽器によって音色や音量、演奏時のタッチに大きな差はある。そして、音に関する要素は、楽器の素質だけでなく、演奏者の腕、弓の差、楽器のコンディション、調整した人のセンスと調整の腕、に大きく左右される」という結論をお示ししておくことにします。

NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム