ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

ガット弦の取り扱い:ガット弦のススメ2/2

ガット弦はチューニングが狂いやすいし、切れやすくて使いにくいと思われているようです。チューニングが狂いやすいことは事実ですが、切れやすいのはちょっとした工夫で避けることができます。

ガット弦はなぜ狂うのか?ガット(羊の腸)は天然素材で、湿度の変化で伸縮するためです。そして、湿度で伸縮する性質が、ガット弦が切れやすい理由です。

ガット弦が切れる状況としては、楽器を弾いた後ケースに入れて翌日見てみたらA線が切れていた、というパターンが大半ではないでしょうか?

こういった切れ方は、雨の日などで湿度が高い場合に起こります。湿度が高いと、弦は吸湿して弦が伸びます。伸びた状態に合わせてチューニングすると、湿度が低くなったときに、弦が耐えきれないほど張ることになります。ケースの中は比較的湿度が低く保たれるので、弦が縮んで切れてしまうわけです。

従って、今日は湿度が高いなと思ったら、弾いた後ケースに入れる前に、A線を半音ほど緩めておけば切れることはありません。ガット弦が切れやすい方、ぜひお試しください。

←BACK


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム