ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

ガット弦は違う音がします:ガット弦のススメ1/2

ガット弦。最近の人にとってはなじみの薄いものかもしれません。

チューニングが狂う、切れやすいなど扱いに面倒な面があるのは確かです。ですが、一度はガット弦を試してみて欲しいと思っています。ガットには独特のタッチと、ガットにしか出せない音色があるのです。

よく使われるガット弦は、ピラストロ社の「オリーブ」と「オイドクサ」です。オリーブは上下に倍音の多い張りのある音、オイドクサはうるおいのある音色が特徴です。よく言われるようなガット弦は柔らかい音というのとはちょっと違うように思えます。

弦の音は文章では表現しにくいものです。それに、付ける楽器によっても音が違うし、人によって感じ方も違うかもしれません。「とにかく試してみて!」とだけ申し上げます。

ガット弦(特にオリーブ)は高価ですが、試してみる価値はあります。高いと言っても、ナイロン弦に比べ寿命が長いので、トータルコストはあまり変わりません。

もしガット弦をお使いになったことがないのなら、ぜひともお試しください。ガット弦だから良いというわけではありませんが、ご自身の演奏に新しい可能性が見つかるかもしれません。

NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム