ヴァイオリンがわかる!

ヴァイオリンがわかる!はヴァイオリンに対して熱意を持って取り組んでいる方を応援するヴァイオリン情報サイトです。

右手に左手を合わせる:速弾きを効率よく練習する1/8

右手に左手を合わせる:速弾きを効率よく練習する1 ヴァイオリンがわかる!ヴァイオリン入門情報、美しい音の弾き方、楽器・弓の価格と選び方、弦・本・CD情報など。

カデンツァの速いパッセージを華麗に、すらすらと弾くのはかっこいいし、レベルの差はあれどんなヴァイオリン弾きにとっても憧れです。この「速弾き※」をよりうまく弾くためのTipsを何回かに分けて書いていきます。共通するキーポイントは「速弾きは"あわてて"弾かない」ということになります。

速いパッセージが出てくると慌ててしまうことがあります。ただでさえ、速い部分なのにさらに速くなってしまって、破綻してしまいます。

ヴァイオリンの場合、速いパッセージを弾くときは左手に意識が集中してしまいがちですが、こうなると左手以外に注意が回らなくなり、テンポのキープを忘れてしまいます。これが、速弾きで破綻してしまう原因のひとつです。

これを避けるためには、弓の動きに、左手を合わせるようにします。つまり、左手だけに集中するのではなく、むしろ右手に意識を向けて、右手に左手をシンクロさせます。右手は比較的、冷静にテンポのキープができますので、こうすることで、左手が暴走することが少なくなります。

これだけで、「速弾き」が「あわてず」弾けることがあります。ぜひお試し下さい。

※「速弾き」はエレキギターの雑誌記事でよく使われる言葉で、ヴァイオリンの世界ではあまり使われない言葉です。ヴァイオリンの世界では「超絶技巧」の方が普通でしょう。ですが、速いパッセージは「速弾き」と呼ぶ方が一般的と思うので、ここではそう呼ぶことにします。

NEXT→


関連記事



大人のためのヴァイオリン教室
東京レッスンの予約愛知レッスンの予約

ヴァイオリンがわかる管理人の日記

ヴァイオリンがわかる ツイッター  ヴァイオリンがわかる Facebook  ヴァイオリンがわかる インスタグラム